インテリアを仕事にするには

豪華

お洒落なイメージの強いインテリア業界ですが、単にセンスが良いだけでは仕事としては通用しません。空間把握能力や経済観念などの知識を駆使して、住む人が快適に暮らせる環境を提案していくことが必要です。インテリア関係の職業分類としては、住宅などの内装を担当するコーディネーターと、お店の内装などを手がけるデザイナーがあります。どちらも高い専門性が必要が求められるため、専門学校や通信講座で学習をしてから業界に入ることになります。

◎インテリアコーディネーターとは
家具や照明、カーテンなどインテリアに関わるすべての要素をコーディネートすることを仕事としているのが、インテリアコーディネーターです。
製品についての知識だけでなく、センスなども求められる仕事です。仕事をする場合、特別な資格を取得する必要はありませんが、資格を取得することでより多くの知識を得ることができ、ビジネスチャンスを広げることが出来ます。
活躍できる場としては、家具売り場や住宅メーカーなど多岐にわたります。